公認会計士になる!

計算に強くなる”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

自炊(本)

6月末から、部屋の大掃除を始めました。

斉藤一人さんの、↓の本を読んだのがきっかけです。

断捨離系の本で、視界に入ったときに、テンションの下がるようなものは、すぐに、すてた方いい。
そのほうが、気の流れがよくなって、運がよくなるというお話です。
片付け(物の移動)ではなくて、処分(物を減らす)のが大事とのことでした。
「使える」基準でものをとっておくと、縄文土器だってまだ使えるんだから、きりがないというくだりに、かなり納得です。

斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力 [DVD+CD付]斎藤一人流 すべてうまくいくそうじ力 [DVD+CD付]
(2012/04/25)
舛岡 はなゑ

商品詳細を見る


いざ、部屋の掃除をしようとしたところ、まず、異常にものが多いことに、気づきました。
おもに、書籍と衣類です。
そこで、必要な本については、自炊をして、処分してしまうことにしました。
電子書籍の購入ではなくて、自分で、書籍をPDF化することです。

そこで、購入したのが、定番のスキャナと裁断機(プラス PK513L)
2年前から、狙っていたものですが、結局あまり値段も下がらず、後続機もでずでしたね。

感想は、もっと早く、買えばよかった!!です。
スキャンのスピードもすごく早く、ファイルサイズも、1冊あたり、8MBまで圧縮しても、問題ないくらいです。

読みやすさは、慣れの問題もあり、まだ本に軍配があがりますが、自炊本をよむのは、もっぱらiPadですが、ブルーライトかっとの液晶フィルタを張ったところ、目の疲れも、だいぶ軽減されました。

本をなくすこともないし、蔵書を一元管理できて便利です。
すべての本を持ちあるく必要はないとおもわれますが、これはMP3プレーヤーがでてきたときも、音楽について、感じたことと同じかなと思います。
確かに、必要はないですが、便利ですし、生活は豊かになりました。

総合的にみると、自炊はありかな!と思います。

FUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-AFUJITSU ScanSnap S1500 Acrobat X 標準添付 FI-S1500-A
(2011/10/22)
富士通

商品詳細を見る
スポンサーサイト
  1. 2012/09/03(月) 00:16:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:9

USCPA(FAR)進捗

USCPAの勉強、2月に、FARを受けるべく、
かなりマイペースですが、勉強を進めています。

ただ、いまのところ、100時間投入して、
BISK問題集1周目70%とここから、いそがないと…。

10月に、日本基準の勉強と、ほかのジャンルの塾(?)に
通い始めたため、少しそちらに軸足が移っていました。

USは仕事で使うわけではなくて、
会計英語の精度を上げたいのと、将来海外で働きたいという動機で勉強しています。

いずれにしろ、修了考査の準備を始める前に、2科目はとってしまいます。
  1. 2011/11/23(水) 16:16:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

他学部卒のUSCPA受験

USCPAの勉強を始めて、早くも1.5か月経過しました。

usの試験は、日本と受験制度がかなりちがい、ハードルの高さが測りづらいです。
そこで、今日は、「受験資格取得まで」のハードルについて書きたいと思います。
まだ、受けていないのでその先は、未経験のためですw

■受験の資格要件について

まず、uscpaは、受験州によって、受験の資格要件とライセンス取得要件が違います。
試験の難易度、合格率などは、共通です。
また、2011年8月から日本受験が始まりましたが、
従来、受験の資格要件が緩く、日本人に人気のあった州は、日本で受験できないことがあるようです。

TAC-出願州の選択

そこで、自分の大学での単位取得状況や、勤務先での実務経験を勘案して、
有利な出願州を選ぶことになります。
このへんは、上リンクのTAC HPに、詳しいです。

私の場合、ニューハンプシャー州に出願することにしました。

ビジネス単位12単位及び、会計単位12単位が必要とされるのですが、
会計単位が0単位だったため、追加で取得しなければなりません。

そこで、某uscpaの予備校に申し込んで、1科目3単位あたり、約2万円で、
オンライン試験を受けることで、米国の大学の会計の単位を取得します。

いま、9単位は、とったので、あと3単位です~。


■必要経費について

この試験、日本の試験と違って、出願の各段階で、細かく課金されます。
受験をするか否か決める際には、時間に加えて予算の検討も必須です。

○日本受験、追加単位12単位の自分の場合
予備校20~50万くらい
学歴審査 2万5千円→米国以外の大学卒業者は必須
追加単位 8万円→自分の場合。
受験料  各科目 4万円(5万ドル)×4=16万円

追加単位を申し込むには、予備校の利用が一般的だと思うので、
その場合、50万円程は必要です。。

所要は、日本の会計士の場合、600~700時間(TAC曰く)とのことですが、
どうでしょうか。
  1. 2011/10/16(日) 21:29:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国公認会計士試験

久しぶりに書きます。

九月から米国公認会計士の受験勉強をはじめました。

二月に三科目、五月に残りのREGをとります。


勉強時間など、また書いていきます。
  1. 2011/09/11(日) 12:58:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

[公認会計士試験]勉強記録

2つ前の、ブログ紹介の記事に、拍手たくさんありがとうございました。

試験の記憶が、薄れて、ネタに困ってきたんですが、学習記録について。

アクセス、テキスト、問題集、答練を、まわした後の、点数、正答率の記録を、
これまたエクセルで、簡単な表を作って、
かなり、しつこく、一覧にしていました。

ヨコ軸にアクセスの回数(1回、2回…)、問題集の章(1章租税、2章貸引…)、、、をとって、
タテ軸に解いた回数(何回目か)をとって、
日付と点数・正答数などをしつこく、記録していました。

アクセス、問題集に、メモしても、
メモが散らばってしまって、収集がつかなくなるので、
A4の紙に科目・教材ごとに作ったら、なにをやればいいのか、
すぐにわかるので、精神衛生上もよかったです。

あと、どなたかのブログで、読んで、
実感もおなじだったこととして、
アクセスは1回目より2回目、2回目より3回目と、
得点は、1.2倍くらい、時間は0.8倍くらいに、

向上していきます。

  1. 2010/02/28(日) 21:53:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。