公認会計士になる!

計算に強くなる”

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

脳が冴える15の習慣―築山節



ベストセラーを、ブックオフで買ってきてみました。
意思的で主体的な行動をとれるようになるためには、
テクニックetc以前の問題として、
脳に体力をつけること、つまり前頭葉を鍛える必要があるそうです。

そのためには、運動で言うところの基礎トレーニングが必要で、
書類の整理・家事・料理といった雑事をしていくことが効果的だそうです!
スポンサーサイト
  1. 2008/07/09(水) 00:44:00|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力 ビジネス思考法の基本と実践


公認会計士の勝間和代さんの本を読んでいたら、

重要な2割が8割の成果を生むが、
重要でない8割に多くの労力を費やしてしまいがちである

というようなことが書いてありました。

…計算BMレベルに注力したいと思います!

8020
  1. 2008/06/16(月) 22:28:28|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脳と気持ちの整理術



印象的だったのが、『嫌いなこと、イヤなことはなくならない』
ということ。
好き・ちょっと嫌・かなり嫌
の3つのバランスを
6・3・1
くらいにするのがいいとのことです。

嫌なことを完全になくそうとしたら、独りで部屋に引きこもってしまうことになります。

受験勉強でも、
将来の不安や孤独感といった"かなり嫌なこと"から、
自習室が混んでるといった"ちょっと嫌なこと"までありますが、
好きなことは正直、6割どころではないので、ワクワクしながらやっていきます。
  1. 2008/06/08(日) 01:36:15|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”集中力”谷川浩司


第一部 将棋から学んだ「勝利の気迫」
 トップ棋士の条件
 トップ棋士への道
第二部 勝負に勝つ能力を伸ばす
 第一章 集中力
 第二章 思考力
 第三章 記憶力
 第四章 気力
あとがき

「集中力」というタイトルですが、目次からもわかるように、
ひとつの道を極めて勝っていくための考えたの本だと感じました。
将棋の話、だけではなく、一般の社会人も例に出しながら
書かれています。
とても、驚いたのが、本当に謙虚でいらっしゃるということ。
本1冊通して読んで、驕りのようなものがまったく感じられなかったです。
  1. 2008/04/23(水) 21:27:08|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日記の魔力


日記暦30年の駿台のカリスマ講師による日記術の本です。
この本では、あまり意識されない”日記の読み方”にも重点が置かれています。

自分のあらゆる行動には関連があり、日記を読み返すことで、
その背景といえるものが見えてくる。
自己認識・現状認識から、自己管理や未来の予定へとつなげられる。

たしかに、自分の行動についてでも、先週何をどれだけがんばったか、怠けたか
ということは、無意識のうちに忘れてしまっている。
過去の積み重ねを、日記という形で確認できれば、
自分を勇気付けたり、また無謀な目標であると気づけたりできると感じた。

  1. 2008/04/19(土) 16:44:56|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。